ダルビッシュ 今季最多の9安打を浴び「僕が悪かったです」

転載元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1600236372/

uUzvQ3lML_bkIqyakc1vFs-Knw39CLTsfp6KpenqJJCsVWsPbuUw-hA4kuGo

1: Egg ★ 2020/09/16(水) 15:06:12.66 ID:CAP_USER9
<カブス6-5インディアンス>◇15日(日本時間16日)◇リグリーフィールド

カブスのダルビッシュ有投手(34)の8勝目は、次戦以降にお預けとなった。7回を投げ、今季最多の9安打を浴びながら3失点7奪三振と奮闘。勝利投手の権利を得て交代したものの、9回に同点に追い付かれ、ダルビッシュの白星は消えた。

本調子ではなかった。カブスが1点を先行した直後の3回、3長短打で2点を許し、逆転された。5回にも連続長打で1失点。だが、味方が同点に追い付いた後の6、7回は安打を許したものの、冷静に後続を打ち取り、無失点で切り抜けた。

踏ん張るダルビッシュに応えるように、打線が7回に1点を勝ち越し、勝利投手の権利を手にした。

ダルビッシュの球数は100球。

防御率は2・00。

ダルビッシュは、今季メジャー最長の9試合連続クオリティースタート(6回以上、自責3以内)をクリアした。

カブスは9回裏、押し出しの死球でサヨナラ勝ち。地区首位の座を固めた。

試合後のダルビッシュは「相手を判断できないほど、僕が悪かったです。ただ、最後の2回はいい球が投げられた。ショートシーズンですから1勝の重みは大きいですし、勝てて良かったと思います」と、チームの勝利に納得していた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/3b41ae2e8af9e6c8c1fbb41e2fe49528d323efee

続きを読む

Source: なんじぇいスタジアム@なんJまとめ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク